すべり症のメカニズム

すべり症のメカニズムとは?

脊椎は24個の椎骨が椎間板をクッションに積木のように積み重なっています。上下の椎骨は弓骨によって繋がっていて、椎骨の周辺には全身に繋がる神経が集まっています。

腰椎とは背骨と骨盤をつなぐ仙骨の上に乗っかっている脊椎の下から5つの椎骨をいいます。

すべり症には、腰椎の椎骨が滑るようにずれて神経を圧迫したり筋肉に負担をかけたりする腰の痛みのことを言います。また、すべり症には「変性すべり症」と「分離性すべり症」があり、腰椎の滑る原因が異なります。

変性すべり症は、加齢や長年の筋肉や靭帯のムリな負荷が重なって腰椎を支える筋肉が弱って徐々にズレた状態です。分離性すべり症も激しいスポーツを幼少期から続けてきた結果、弓骨が壊れた部分の椎骨だけが分離されてしまった状態です。

このように原因は違っても椎骨が定位置から滑り落ちてしまって腰椎の周囲に走っている神経を圧迫してしまい激痛が走る症状を「すべり症」といいます。

要するに痛みの原因は、滑って飛び出た腰椎が脊椎周辺の神経を圧迫して激痛が走るのですから、神経に腰椎が当たらない姿勢をすれば痛みは治まります。そのために腰椎が飛び出た方向に体を曲げると痛みが増し、反対の体制をとると神経が圧迫しなくなるので痛みは治まるのです。

また整体等で滑った腰椎を元の位置に戻すと神経を圧迫しなくなるので痛みが治まります。しかし、一旦すべり症になると腰椎が滑りやすい道筋ができてしまうのですぐに腰椎が神経を圧迫してしまいます。

そうならないためには、体全体の歪みを改善し、日常生活にも気をつけて正しい姿勢に矯正しつつ、腰椎を支える筋肉も同時に鍛えていくことが重要です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年4月 2日

aku5new2i (14:40) | コメント(0)

カテゴリ:すべり症治療の知識

コメントする




« すべり症を悪化させないために | ホーム | コルセットがすべり症に効果あるの? »

このページの先頭へ